昭和音楽大学 アートマネジメント人材育成事業「実演舞台芸術プロデューサー養成講座」 昭和音楽大学 アートマネジメント人材育成事業「実演舞台芸術プロデューサー養成講座」

プロデュース力を磨く実践講座

時代のニーズを的確によみ、
舞台を通じて創造的な発信を行う
実演舞台芸術プロデューサーとしてのノウハウを、
本学の各専門教員や内外の第一線で活躍する講師陣から、
実践的に学びます。

講座種類

公開昭和音楽大学の会場にて聴講していただきます。
同時双方向「Zoom」を使用したオンライン講座となります。
録画配信講座終了後、1週間を目安に配信予定。

講座A

「世界に発信する実演舞台芸術のこれから」
公開講座/オンライン配信(録画配信型講座)

研修概要

本講座ではコロナ禍により人の往来が困難となり、今後、いかに実演舞台芸術における国際発信を行っていくかを第一線の専門家からの意見を聞き、いまの時代だからこそできる、コロナ後を見据えた実演舞台芸術の取り組みや、国際発信交流について学ぶ。

対象

文化施設、自治体や芸術団体の職員、市民オペラや合唱団等のスタッフ、またはオペラ制作や国際共同制作の担い手を目指す方。

募集人数

公開講座 定員 ①50名 ②30名
動画配信 定員 各100名
※応募者多数の場合は、受講対象に該当される方を優先いたします。予めご了承ください。

カリキュラム

公開講座/オンデマンド配信①

日時・会場 担当講師 プログラム
10月25日(月)
18:00-20:00
テアトロ・ジーリオ・ショウワ
講師:エルネスト・パラシオ
モデレータ:石田 麻子
国際音楽祭の新進芸術家育成
~ペーザロ・ロッシーニ音楽祭総裁に聞く
公開録画配信
エルネスト・パラシオ

エルネスト・パラシオ

ロッシーニ音楽祭総裁

石田 麻子

石田 麻子

本学教授
オペラ研究所 所長

目標

ロッシーニ音楽祭総裁であるエルネスト・パラシオ氏に現地より登壇いただき、若手の育成方法や、イタリア(ペーザロ市)にて開催されるロッシーニ・オペラ・フェスティバルや海外における最新の状況ついて学ぶ。

公開講座/オンデマンド配信②

日時・会場 担当講師 プログラム
11月3日(水)
18:00-20:00
C511教室
講師:ベルンハルト・ケレス
モデレータ:石田 麻子
ポストコロナ時代におけるクラシック音楽の可能性
公開録画配信
ベルンハルト・ケレス

ベルンハルト・ケレス

キャリアコンサルタント

石田 麻子

石田 麻子

本学教授
オペラ研究所 所長

目標

ベルンハルト・ケレス氏は、ウィーン・コンツェルトハウスのCEO兼芸術監督を歴任後、クラシック音楽への情熱とテクノロジーを組み合わせるという、正にコロナ禍時代に時宜を得た人材であり、音楽イベントに活力を与えるということをライフワークとして会社を起こし若手を指導している。このコロナ禍の難局を乗り越えるにふさわしい講師から、多くの提言や新しい物の見方を得ることができる。

講座B

「実演舞台芸術とICT」
オンライン講座&ワークショップ
(同時双方向型/録画配信型講座(②のみ))

研修概要

コロナにより、日本でも世界でも今後の観劇の方法が変わっていくことが予想される。本講座では、新しい時代の流れと流動的なニーズを客観的に捉え、プロデューサーとして的確な事業展開を行えるための知識を養う。

対象

文化施設、自治体や芸術団体の職員、市民オペラや合唱団等の広報担当者や広報宣伝に携わる方、及び目指している方。

募集人数

定員 各30名(動画配信:100名)
※応募者多数の場合は、受講対象に該当される方を優先いたします。予めご了承ください。

カリキュラム

日時・会場 担当講師 プログラム
9月4日(土)
10:00-13:00
1.森川 卓夫 インターネットにおける著作権ルール
同時双方向
森川 卓夫

森川 卓夫

本学客員教授(芸術関係法規)

講座概要

アートマネジメント人材育成のもう一つの要件は、著作権の知識です。とりわけコロナ禍で急速に普及してきたライブ配信を実施するには、インターネットの仕組みを理解し、デジタル時代の音楽著作権の課題をクリアーしてゆく必要があります。本講座は、これらの課題に取り組みます。

日時 担当講師 プログラム
9月4日(土)
14:00-17:00
2.林田 直樹
  豊田 泰久
実演舞台芸術をめぐる環境はどうなる?
~コンサートホールにおける視覚化の流れとネット配信による多様化~
同時双方向録画配信
林田 直樹

林田 直樹

音楽ジャーナリスト

豊田 泰久

豊田 泰久

音響設計家

講座概要

「コンサートホールにおける視覚化の流れ」 という観点から、コンサートホールのスタイルそのものとプログラムの変遷について、 具体的な事例を交えて紹介(豊田)/コンサートホールや演奏家がおこなう「オンライン配信」の最新の興味深い事例を紹介(林田)

日時 担当講師 プログラム
9月18日(土)
10:00-13:00
3.前田 明子 インターネット時代の広報 ~オウンドメディアの活用と実践~
同時双方向
前田 明子

前田 明子

ミューザ川崎シンフォニーホール
事業企画課 広報担当

講座概要

インターネット社会では価値観が多様化し、メディア頼みの一方向のコミュニケーションでは人は動かなくなっています。オウンドメディア(自社媒体)を活用した広報PRや、担当者に必要なスキルについて、実践をもとにお伝えします。

日時 担当講師 プログラム
9月18日(土)
14:00-17:00
4.平井 俊邦
  山岸 淳子
実演舞台芸術における寄付の重要性とクラウドファンディングの活用
同時双方向
平井 俊邦

平井 俊邦

公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団 理事長

山岸 淳子

山岸 淳子

公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団理事長付/特命

講座概要

コロナ禍で事業の実施が困難となり、事業収入が大きく毀損した実演芸術団体では、個人寄付によって苦境を脱しようとする動きが相次いだ。日本フィルの2020年度寄付活動とそのインパクト、また事業継続のため取り組んでいるクラウドファンディングの活用事例を知る。

講座C

『オペラの制作過程を学ぶ』
制作スタッフのためのオンライン講座

募集人数

定員 各30名
※応募者多数の場合は、受講対象に該当される方を優先いたします。予めご了承ください。

研修概要

世界の歌劇場で活躍する演出家や指揮者、または合唱指導など、第一線の専門家より多角的に学べる講座。

対象

文化施設、自治体や芸術団体の職員、市民オペラや合唱団等のスタッフ、またはオペラ制作や国際共同制作の担い手を目指す方。

プログラム・スケジュール

オンライン講座

日時 担当講師 プログラム
8月31日(火)
18:30-20:00
講師:マルコ・ガンディーニ
聞き手:堀岡 佐知子
オペラ演出の条件
同時双方向
9月7日(火)
18:30-20:00
講師:ニコラ・パスコフスキ
聞き手:堀岡 佐知子
オペラの音楽づくり
同時双方向
9月13日(月)
18:30-20:00
堀岡 佐知子
モデレータ:仁科 岡彦
オペラの稽古、スタッフの役割
同時双方向
9月27日(月)
18:30-20:00
山舘 冬樹 オペラの合唱
同時双方向
マルコ・ガンディーニ

マルコ・ガンディーニ

演出家(大学オペラ演出)
本学客員教授

ニコラ・パスコフスキ

ニコラ・パスコフスキ

指揮者(大学オペラ指揮)

山舘 冬樹

山舘 冬樹

本学教授(指揮法/合唱)

堀岡 佐知子

堀岡 佐知子

オペラコーチ
演出家(大学オペラ演出補)

仁科 岡彦

仁科 岡彦

本学教授
(アートマネジメント研究所)

Zoomを利用したオンライン講座

オンライン会議ツール「Zoom」によるリアルタイム配信講座となります。
ご自宅や職場からお気軽にご参加いただけます。
Zoomご利用の流れは こちら>>
受講方法の詳細は、お申込者へメールにてご連絡いたします。

  • ※ご受講には「Zoom」アプリ(無料)をインストールしたPCとインターネット通信環境が必要です。
    (マイクやカメラが非搭載のPCをご使用の場合は別途webカメラ等をご準備ください。また、通信料は各自のご負担となります)
  • ※Zoomの利用方法、動作環境等はご自身でご確認ください。(本学でのサポートは致しません)
Zoom 公式サイト
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

  • ※上記サイト下部の「ダウンロード」より「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロード、インストールしてください。

お問合せ

昭和音楽大学演奏センター
アートマネジメント人材育成担当
〒215-8558
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-11-1
[TEL] 044-953-9865 (10:00~18:00 ※土・日・祝を除く)
[FAX] 044-953-1311(24時間受付)
[mail] showa.opera.jinzai@tosei-showa-music.ac.jp